【運営会社】株式会社桜井製作所

0268-82-2833

[ 受付 ]月~金 8:30~17:00

お客様相談窓口へご連絡ください

お見積り・ご相談

絞り加工技術

絞り加工技術

桜井製作所では、数あるプレス加工の中でも絞り加工をコアな技術としています。絞り加工は金型、機械、加工条件のバランスが悪いとワレやシワなどの問題が起こり得ます。そのため、設計には緻密な計算と豊富な経験を必要とし、金型精度を高めたうえで最適な加工条件を設定するといった多くの時間と技術が必要です。

お客様からいただいた課題(お仕事)によって、知識とノウハウを蓄積させていただき技術の向上に努めてまいりました。絞り品をご検討であれば、まずはお気軽にご相談ください。

条件によって単発、順送、トランスファーから最適な加工方法をご提案。

モーターやソレノイドなどの各種ケース類でも多くご採用いただいております。

トライ&エラーを繰り返し最適な絞り条件を導き出します。

寸法精度や形状の要求が日々高まる中で付加価値のある絞り製品を送り出していくためには、お客様との密なコミュニケーションが重要と考えます。打ち合わせを重ね互いにとって最善となる製品の実現を目指し、『共に作り上げる』という姿勢で取り組んでまいります。

対応範囲

項目 スペック 備考
金型LT(初品提出) 単発型:1.5ヵ月~2ヵ月
順送型:2.5ヵ月~3ヵ月
トランスファー型:3ヵ月~3.5ヵ月
※上記は目安となります
 
対応材質 鉄、ステンレス、アルミ、銅、リン青銅、真鍮  
対応板厚 0.1mm~2.9mm(3.2mm)  
最小・最大径 φ3~φ300  
絞り高さ(MAX) 120㎜  
絞り精度 20μ  

製品例

形状や数量に併せて最適な工程をご提案させていただきます。

ステンレス材を径の4倍以上絞り上げた試作品。

現在生産している絞り品の中で
最薄板厚0.2㎜(SUS304)。

車載用モーターケース。回転体の高い軸精度を求められ高精度の金型が必要です。

ミニモーターケース。径φ4の製品に横カットや天穴加工を施しています。

真円度φ0.03の高精度品。品質を保つためにも材料、金型の管理がとても重要。

0268-82-2833

[ 受付 ]月~金 8:30~17:00

お客様相談窓口へご連絡ください

お見積り・ご相談