【運営会社】株式会社桜井製作所

0268-82-2833

[ 受付 ]月~金 8:30~17:00

お客様相談窓口へご連絡ください

お見積り・ご相談

金型技術

金型技術

プレス加工の肝となる金型の設計・製作は社内で行い、創業よりプレス一筋で培った技術の蓄積を一型一型に落とし込みながら、板鍛造(局部的に鍛造を取り入れ板厚を積極的に制御する)など新たな技術も取り込み、より付加価値をもった製品を生み出す金型づくりに励んでいます。 メンテナンスも自社で行っているため、金型改善による生産性向上やトラブル時の迅速な対応も可能です。

仮型による試作品製作も対応。

トランスファー型内での多工程化を進め、生産性UPに繋げています。

若手への技術継承を積極的に行います。

金型製作に伴う技能の伝承体制を整備し、新人教育からはじまり外部講師を招いた定期研修会を開催。積極的な外部セミナーへの参加も促し、最新の知識と技術を身に着け新たな技術開発への促進剤としています。また、近年では技能検定合格へのチャレンジで成果も出始めています(金型製作1級:3名、仕上げ3級:2名)。

対応範囲

項目 スペック 備考
金型LT(初品提出) 単発型:1.5ヵ月~2ヵ月
順送型:2.5ヵ月~3ヵ月
トランスファー型:3ヵ月~3.5ヵ月
※上記は目安となります
 
対応材質 鉄、ステンレス、アルミ、銅、リン青銅、真鍮  
対応板厚 0.1mm~8mm  
金型製作設備 ワイヤー放電加工機、立型マシニングセンター、平面研削盤、2次元・3次元CAD、他  

製品例

お客様にて開発当初は鍛造品で検討されていましたが、弊社の提案をご採用いただきプレス化。

プレス加工のみでリング形状に成形。
平行度0.04を確保。

組立部品だった開発案件を、一部品完結形状にてご提案。 ※プレス一工程

0268-82-2833

[ 受付 ]月~金 8:30~17:00

お客様相談窓口へご連絡ください

お見積り・ご相談